• TOP
  • > よくあるご質問

よくあるご質問

「まぜるな危険」とはどういうこと?

塩素系カビ取り剤は主成分の次亜塩素酸ナトリウムを安定させるためにアルカリ性にしてあります。通常の使用では問題ありませんが、酸性タイプの製品が混ざると人体に有害な塩素ガスが発生するので危険です。次のような使い方は絶対にしないようにしましょう。

塩素系のカビ取り剤と酸性タイプの製品をあらかじめ混合してはいけません。
酸性タイプの製品に塩素系のカビ取り剤をふりかけたり、一緒に洗ってはいけません。
塩素系のカビ取り剤を使用した後、水で洗い流さないまま、酸性タイプの製品を使ってはいけません。

カビキラーはなぜ塩素系なの?

厄介なカビにもっとも効果が高いのは塩素系の洗浄剤です。それは、カビの細胞とカビがつくる色素を
分解する優れた作用があるからです。また、塩素系薬剤は消毒殺菌用として水道水やプールにも広く使われてます。

カビキラーを安全に使っていただくための注意

カビキラーを安全に使っていただくためには、以下の安全6ヶ条を守りましょう。

1.必ず単独で使いましょう
カビ取り剤が酸性タイプの製品や食酢、アルコール、アンモニア等と混ざると有害なガスが発生して危険です。また、カビキラーを使った時は、必ず水で洗い流してから、次の洗剤を使うようにしましょう。
2.必ず換気をしましょう
カビキラーを使用する際は、戸や窓を開けたり、換気扇を回すなどして換気をよくしましょう。換気扇の使用と同時に、窓やドアなど2箇所以上開けると換気の効率があがります。マスクも着用しましょう。
特にニオイが気になる方は、マスクを水で濡らしてから使うと、ニオイが吸着されるので効果的です。
3.子供がいたずらしないように注意しましょう
お子様の手が届かないところに置き、さわらせないようにしましょう。
4.目に入らないように注意しましょう
目を保護するために、保護眼鏡・ゴーグル等を着用しましょう。また、目の高さよりも上にはスプレーしないようにしましょう。天井などの高い場所は、柄付きのスポンジなどにカビキラーをスプレーし、こすり落としましょう。
5.ゴム手袋を着用しましょう。
直接皮膚にかからないように、ゴム手袋を着用しましょう。
6.専用の容器・ハンドスプレーを使いましょう
カビ取り剤の容器やハンドスプレーは銘柄によって異なります。内容液を移し替えたり、他製品のハンドスプレーをつけ替えたりしてはいけません。
「日本家庭用洗浄剤工業会」でもカビ取り剤を安全にご利用いただくための情報を提供しています。
URL:http://www.senjozai.jp/01_tadashiku.html

カビキラーはどのようにしてカビを落とすのですか?

カビ汚れがなかなか落ちないのは、カビが色素を産生して色がつくこと、また、カビが材質の奥まで入り込んでしまうことなどによります。

カビキラーは、それぞれの成分が下記のような働きをすることによって、カビが細胞内外に産出する色素を分解すると同時に、カビを退治します。

  • 次亜塩素酸塩: カビ細胞の中に入り込み、組織や酵素を破壊するとともに、カビによって代謝生産された色素を分解します。
  • 水酸化ナトリウム: カビの細胞に化学的に作用するとともに、次亜塩素酸塩がカビ細胞内部に浸透するのを助けます。
  • 界面活性剤: 水酸化ナトリウム、次亜塩素酸塩がカビ内部へ浸透するのを助けるとともに、その作用だけでは落とせない汚れを落とします。また、分解した汚れを水に移す働きがあるので、水洗いによってカビが取り除かれます。
→ カビを退治するメカニズム

「カビキラー」を使ったら、どのくらい水洗いをすればいいのですか?

カビキラーの成分は水に溶けますので、水洗いをしていただければタイルや目地、プラスチック、コーキング類などの対象面に成分が残留することはありませんので、長時間水洗いする必要はありません。
すすぎ残しがないように全体にまんべんなく水洗いをしていただければ充分です。

カビ取りしても、すぐにまたカビが生えてしまいますが、カビ防止効果はないのですか?

残念ながら、カビを防止する効果はありません。カビの胞子は、空気中のどこにでも漂っているので、新たに落下した胞子は、条件がそろえば、また、発芽してどんどん成長していきます。
ただし、「カビキラー」できちんとお掃除すれば、カビはなくなります。カビを除去したら、カビが発育する必要な湿度、栄養となる汚れ、温度、よどんだ空気をコントロールして、なるべくカビが生えにくいような環境にすることが重要です。

詳しくは「カビとカビの胞子の気になるハナシ」をご覧ください。

天井のカビは、どのように取り除いたらよいでしょう?

「カビキラー」を柄つきのスポンジ等につけて塗りつけ、数分後、シャワーなどで洗い流してください。
直接天井に向かってスプレーするのは絶対に厳禁です。
『ちょっとイケてるカビ退治』で、具体的な使い方を写真入りで紹介しておりますので、ぜひご参照ください。

ハンドスプレーはつけかえ用何本ぐらい使えますか?

ハンドスプレーは内容液の影響を受け徐々に劣化し、正常にスプレーができなくなります。
「カビキラー」のハンドスプレーは連続噴射テストで5000回以上(ボトル10本程度)スプレーできることが確認されていますが、ご使用期間やご使用状況、ご使用頻度などによって劣化の進み具合や程度は影響を受けます。液だれする、泡になりにくい、レバーの動きが悪くなった等の劣化のサインが現れたら新しいスプレー付本体にお買い換えください。

カーテンに生えてしまったカビの取り方を教えてください。

カーテンや衣類などに黒いシミがついてしまった場合、残念ながら完全に除去することはできません。ただし、洗濯絵表示を確認して、塩素系漂白剤の使用が不可でなければ、衣類用の塩素系漂白剤の使用方法を守ってご使用ください。

カビキラーにPHMGが入っていますか?

入っていません。カビキラーの除菌主成分は次亜塩素酸ナトリウムです。
弊社ではPHMGを使用している製品はありません。

カビキラー製品一覧

  • 浸透スピード3倍でカビの根まですばやく届く カビキラー
  • 電動だから、手が疲れない!カビとりラクラク カビキラー電動スプレー
  • ジェルが密着!ゴムパッキンのカビが効果的に落ちる ゴムパッキン用カビキラー
  • 洗濯物の生乾きのニオイの一因、洗濯槽カビを除去! 洗たく槽カビキラー(塩素系)
  • 塩素系成分を使わずに洗濯槽カビを強力洗浄・除菌 アクティブ酵素で落とす洗たく槽カビキラー(非塩素系)
  • 排水口のまわりのヌメリ・雑菌をこすらず分解! カビキラー除菌@キッチン 漂白・ヌメリとり
  • 100%【食品・食品添加物】原料だから食器にかかっても安心 カビキラー アルコール除菌 キッチン用
  • プロ仕様の除菌力をご家庭でも!片手で押して、サッとふくだけで99.99%除菌 カビキラー アルコール除菌 食卓用
ページトップへ