【カビ取り・カビ除去 カビキラー】TOP > 製品ラインアップ > カビキラー電動スプレー

製品情報

電動だから手が疲れない!

  • 電動だから、手が疲れずに、カビとりラクラク!
  • たった一度、軽くレバーを引き続けるだけで、液が自動噴射!だから、手が疲れず、ラクにカビ取り掃除ができます。
  • カビキラー電動スプレー従来品との比較
  • 電動だから、短時間でカビ取り掃除ができます。
  • たった1度、軽くレバーを引き続けるだけで、液が自動でスムーズに噴射されるので、カビ取り掃除1回あたり※のスプレー時間を、約五分の一に短縮できます。
  • ※カビ取り掃除1回あたり約230g使用 (当社従来品使用の場合)
  • カビの根の奥の奥まで強力浸透!
  • カビキラー独自の「強力浸透成分」配合で、カビの根の奥の奥まで強力に浸透し、ゴムパッキンの黒カビまでスッキリ落とします。
  • 浸透イメージ

ページの先頭へ

「カビキラー 電動スプレー」を実際に使っていただいた皆さんの声や、体験レポートをご紹介します。

  • カビは気になるけど、忙しくてお掃除の時間がとれない・・・
  • 浴室の壁に広がったカビ。何度もスプレーすると手が疲れちゃって・・・

使い方

  • 使い方は簡単です!
  • 電動スプレー取りつけ時の注意

スプレーの取りつけ・取りはずし方

ボトルのキャップを外し、スプレーを取りつける。
ボトルの裏面とスプレーの片側についている▲▼を合わせ、ねじ部分をしっかり締める

  • ※ボトル保管のため、キャップは捨てない。

動画でチェック!

ロックボタンについている透明のストッパーを外す。
ボタンを上にずらし、出(出)の所に合わせる。

レバーを引くと自動的に噴射される。

必ず使用後は、ロックボタンを下にずらし、止(止)の所に合わせ、ねじの部分をゆるめ、スプレーを外す。

電池を交換をするとき

必ずロックボタンを下()にずらし、ボトルからスプレーを取り外す。ドライバーで矢印部分を開けて、単3形乾電池2個を入れ替える。

保管方法

スプレーは水洗いせず、必ずスプレーの上部を下にしてクリアケース内に保管する。故障の原因になるので、お風呂場などの高温多湿の場所におかない
ボトルを保管する時は必ずキャップをしっかり締める。冷暗所に立てて保管する。
電気機器類が入っているので、落下等、衝撃を与えない。また、落下の危険性のある高いところに置かない。(破損の原因になる)

※必ず使用前にパッケージの表示をご確認ください。

電動スプレー取りつけ時の注意

  • レバーを引くだけで、自動的に液が噴射されるので、使用時以外は必ずロック(止)した状態にする。
  • おもちゃではありません。子供の手の届くところには、置かないでください。
  • カビキラー電動スプレーの専用つけかえボトルのみをご使用ください。他の洗剤・漂白剤等を入れないでください。
  • 漏れを防ぐため、もう一度しっかり締める。

安全にご使用いただくために、必ず使用前にお読みください

  • 従来のハンドスプレーよりも噴射量が多いため、絶対に一度に大量に使ったり、長時間連続して使わない
  • 体調がすぐれない方や、心臓病・呼吸器患等の方は絶対に使わない。
  • 換気扇を回す、窓や戸を開ける等必ず換気する。(2ヶ所以上開けると効果的)
  • ゴム手袋、マスク、保護眼鏡・ゴーグル等を着用する。
  • 入浴中には絶対に使用しない。

ページの先頭へ

製品概要
カビキラー 除菌@キッチン アルコール除菌本体
本体
カビキラー 除菌@キッチン アルコール除菌つけかえ
つけかえ
製品名 カビキラー 電動スプレー
容量 750g
成分
液性 アルカリ性
関連リンク
カビキラーのよくあるご質問 カビキラーの応急処置119番 CM情報

カビキラー製品一覧

  • カビキラー
  • カビキラー 電動スプレー
  • ゴムパッキン用 カビキラー
  • 洗たく槽カビキラー(塩素系)
  • 洗たく槽カビキラー(非塩素系)
  • カビキラー 除菌@ キッチン 漂白・ヌメリとり
  • カビキラー アルコール除菌 キッチン用
  • カビキラー アルコール除菌 食卓用

カビキラー電動スプレー

  • カビキラーの賢い活用術
  • カビを退治するメカニズム カビには、「カビキラー」の理由
  • カビ・菌の悩み解決!カビキラーのお役立ちコンテンツ
  • 安全にお使いいただくために

ページの先頭へ